ろうきん

ろうきんとは

ろうきんとは労働金庫の略称で、労働組合や生活協同組合の組合員がお互いを助け合うために、資金を出し合ってつくった協同組織の金融機関です。ろうきんが初めて設立されたのは、1950年で岡山と兵庫に労働金庫が生まれました。1955年労働金庫連合会が設立され、沖縄を除き全国に労働金庫が設立されました。その後、1966年47番目の金庫、沖縄県労働金庫が設立され、2007年には業態システムの全国一本化がされました。

 

ろうきんは労働金庫法に基づいて、営利を目的とせず公平かつ民主的に運営されています。ろうきんのメンバーは現在、全国で約1,000万人で、労働組合や生活協同組合の仲間をはじめ、多くの労働者に広く利用されています。ろうきんの業務は、預金の受け入れ、資金の移動や貸し出し(融資、ローン)、手形の発行などをおこなっています

 

ろうきんの総合口座で利用できるのは、普通預金、普通預金無利息型、貯蓄預金、定期預金、積立定期預金、エース預金などです。全国の労働金庫の窓口・ATMでは、他の労金の通帳でも入出金、通帳記入・通帳繰越の取引が可能になっています。また、労働金庫の設置するATMでも、稼動する全時間帯とも無手数料で入出金ができます。(※参考サイト・・・ろうきんローンNAVI※全国の店舗情報はコチラ

 

 

また、インターネットを利用し、ろうきんからの「残高のお知らせ」「満期のお知らせ」「期日のお知らせ」等の内容をパソコンや携帯電話で見ることができます。また、国内の金融機関(ゆうちょ銀行を含む)ならどこへでも、指定の口座へ資金を振り込むことができます。電気・ガス・水道・電話(携帯電話含む)などの公共料金、クレジットカード利用代金、各種保険料など自動支払いサービス、給与振込サービス、年金自動受取りサービス、外貨の両替サービスなども利用することができます。

 

 

ローンについては、自動車購入・結婚・出産・住宅取得・教育などの様々な必要資金につかえる各種ローンがあります。住宅ローンは、住宅ローン住宅取得・増改築などにかかわる費用全般に利用できます。また、公的な融資とも併せて利用できます。自動車ローンは、新車・中古車の購入などの資金に利用でき金利も低めに設定されています。教育ローンは、入学金・授業料など教育資金全般に利用でき、元金返済の据置期間もある低利なローンです。

 

ろうきんにはその他に、勤労者生活支援特別融資というのもあります。勤務先事情による離職・収入減少などで困っている勤労者を対象に、利用中のローンの返済条件の見直しを受け付けています。たとえば、返済額の減額 (毎月・ボーナスとも)、最長で5年の元金据え置き等ができます。また、返済条件の変更(毎月返済・ボーナス返済の残高割合の変更、毎月返済のみからボーナス返済併用への変更、毎月返済・ボーナス返済併用から毎月返済のみへの変更)なども可能です。

 

また、全国のろうきん店舗に加え、イオン銀行のATMでの借り入れや残高照会ができます。MICS(ミックス)マークの金融機関・コンビニエンスストアのATMでの、借り入れや残高照会もできます。それから、マイプランクラブ提携会社の施設等の利用割引サービスも受けられます。